プロフィール

ジャック

Author:ジャック
結婚10年目にして離婚。遠因はセックスレス...

そんな人生どん底状態で、再婚相手となった二コールに出会い、セックスの「質」が変化。

自分の経験をもとに、悩みやコンプレックスを抱える人に救いとなる情報を伝えていきたいと思います。

「セックスは、身体を使ったコミュニケーションである。」(ジャック)


カテゴリー


最近の記事


Follow me!


タグ


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
3062位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本のAVなくして中国に性教育なし!大学生フォーラムで―広東省広州市」によると、


2008年11月7日、「金羊網」によると、広東省広州市で第6回全国「性文化祭」が開催され、大学生の性生活に関するフォーラムでは、多くの大学生が自らの意見を述べ、数々の名言が飛び出した。

中国の大学生の間では最近、学生同士の恋愛はもちろん、性的関係を結び、同棲や結婚、出産する学生も増えている。広州市人口計画生育局が発表したデータによれば、学生宿舎のルームメイトが異性を部屋に連れ込んで泊まらせるのを目撃したことのある学生は26.31%にのぼり、そのうちの41.1%が女子学生。

こうした現状を広州の大学生はどのように見ているのだろうか。学生の多くが開放的な性生活について否定的な意見を次々に発表。ある学生は「日本の AV(アダルトビデオ)がなければ、中国の性教育は皆無だ」と、性教育の不十分さを指摘。また、ある学生は「心と子宮はつながっている、子宮が傷つけば、心も傷つく。一時の衝動で一生の幸せを台なしにすべきではない」と、女性の立場から述べた。ある男子学生は「“幸福”と“性福”は同じではない」(どちらも同じ発音“シンフー”)と、やはり否定的な意見。このほか、「ゴールデンウィークは中絶ウィーク」、「貞操教育は差別的な表現だから、道徳教育とすべきだ。誰もが自分に対して責任を持ち、他人に迷惑をかけてはいけない」など、数々の名言が飛び出たという。

とのこと。

日本のアダルトビデオは、男性の視点で作られたものがほとんどで、たとえ女性の監督によるものであったとしても、やはり男性の視点を意識せざるを得ないものになっていると思います。

人を愛するという気持ちを教えるほうが大切です。ただ、性についても、ある時期にある程度まで教える必要があるのは事実でしょう。それは「生命の尊さ」といったきれいごとではなく、病気にならないため、命を守るため、という視点で必要になると思います。

それはそうと、女性の視点から作られ、女性のためのセックスに関する啓蒙映像(ビデオ、DVDなど)がもっと普及すれば、また新たな世界が広がっていくと思うのですが...

↓オススメ!


←他のブログもチェック!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://healthysexlife.blog118.fc2.com/tb.php/81-29c362e3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。