プロフィール

ジャック

Author:ジャック
結婚10年目にして離婚。遠因はセックスレス...

そんな人生どん底状態で、再婚相手となった二コールに出会い、セックスの「質」が変化。

自分の経験をもとに、悩みやコンプレックスを抱える人に救いとなる情報を伝えていきたいと思います。

「セックスは、身体を使ったコミュニケーションである。」(ジャック)


カテゴリー


最近の記事


Follow me!


タグ


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
1653位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
性生活の頻度は?世界最新ランキング―英・デュレックス社」という記事によると、

2008年4月に避妊具メーカーのデュレクス社が発表した「セクシャル・ウェルビーイング・グローバル・サーベイ(性生活幸福度世界調査)」で、「性生活満足度」「性生活頻度」に関する各国の水準がわかった。調査対象は26か国、2万6032人。

以下は、「週1回以上性生活がある」と答えた人の割合を示したランキング。
1位・ギリシャ87%
2位・ブラジル82%
3位・ロシア80%
4位・中国78%
5位・イタリア・ポーランド76%
7位・マレーシア74%
8位・スイス72%
9位・メキシコ・スペイン・南アフリカ71%
12位・フランス・オーストリア70%
14位・ドイツ・インド68%
16位・タイ65%
17位・オランダ・ニュージーランド63%
19位・香港・シンガポール62%
21位・オーストラリア60%
22位・カナダ59%
23位・イギリス55%
24位・アメリカ・ナイジェリア53%
26位・日本34%

なお、「性生活満足度」について「満足している」と回答したのが世界平均で44%に対し、日本は15%、中国は13%、香港は8%となっている。これらを総合すると、中国は性生活の回数は多い(週に1回以上が78%)が満足度は低く(13%)、日本は性生活の回数も少なく(週に1回以上が 34%)、満足度も低い(15%)となる。香港はその中間といったところか。

それにしても、性生活の頻度が、日本は極端な数字で最下位となっている。少子化社会とはいえ、元気のない結果だ。

とのこと。「元気のない」と評されているけれど、日本人でも3分の1以上のカップルが週1以上性生活があるというのは、かなり多いのではないでしょうか?

ちなみに、以前、環境ホルモンの影響で、男性の精子の数が減少するといった話がありましたが、これは、実は、環境ホルモンではなく、セックスの回数が増えたことによって、昔に比べて男性の精子の数が少なくなっていたという話もあるようです。週1回のペースというのは、そんなに悪い話でもないような気がします。

なお、今回のアンケートでは、おそらく「性生活」という定義は「ペニスを膣に挿入する」という行為を指しているのでしょうけれど、夫婦の間では、挿入なしでも、お互いに抱きしめあうだけでも、とてもいい関係を継続させることができると思います。

挿入の回数に囚われず、毎日抱きしめ合うという行為を真剣にどれだけしているかということを調べた結果を見てみたいものです。

あー、ちなみに Jacques は Nicole とは、出張でいないとき以外はほとんど毎日抱っこしています(*^o^*)


←他のブログもチェック!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://healthysexlife.blog118.fc2.com/tb.php/66-fee76de7


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。