プロフィール

ジャック

Author:ジャック
結婚10年目にして離婚。遠因はセックスレス...

そんな人生どん底状態で、再婚相手となった二コールに出会い、セックスの「質」が変化。

自分の経験をもとに、悩みやコンプレックスを抱える人に救いとなる情報を伝えていきたいと思います。

「セックスは、身体を使ったコミュニケーションである。」(ジャック)


カテゴリー


最近の記事


Follow me!


タグ


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
3062位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現代女性の理想の胸に関する意識調査」発表 『理想の乳首の色』は、『薄めのピンク(桜色)』が男女ともに7割以上『理想の乳首の色とのギャップに頭を抱える女性』77.1%」(livedoorニュース)によると、

「理想のの色は何色か?」尋ねたところ、男性・女性ともに7割以上が、「薄めのピンク色(桜色)」と回答。男性にも女性にも、同じピンク色でも桜のようにキレイな色が、圧倒的に人気があることが分かり、昔から言われる「理想のはピンク色」説は健在であることが分かりました。
・・・
の黒ずみの原因は、生まれつきの個人差や妊娠・出産、加齢によるホルモンバランスの影響などと言われています。従って、が黒ずんでいる、ピンク色ではないからといって「遊んでいる」という科学的検証は現在のところありません。それを理解してなのか、女性の7割は「の色」が遊んでいるイメージとは結びつかないと回答しました。しかし、一方で男性の約半数が依然として「の色が濃い女性は遊んでそうだ」と考えていることが分かり、男女間では、の色がもたらすイメージに大きな差があるようです。
・・・

とのこと。

白い肌に薄めのピンク色(桜色)という構図は、確かにキレイ☆だと思います。ただ、色素沈着があるからといって、機能に差があるわけではないと思いますし、舐めているとき(舐められているとき)には、そんな色なんて見えませんし...(*^^*


←他のブログもチェック!
  「現代女性の理想の胸に関する意識調査」発表 『理想の乳首の色』は、『薄めのピンク(桜色)』が男女ともに7割以上『理想の乳首の色とのギャップに頭を抱える女性』77.1%」(livedoorニュース)記事全文

~日本の美白ケアはついに乳首にまで発展?~

株式会社PRTIMESでは、全国の20~59歳の男女各400名を対象に、『現代女性の理想の胸に関する意識調査』を実施しました。同調査は、ヤフー・バリュー・インサイト株式会社の協力を得て、現代女性の胸に関する意識の実情を探るべく、インターネットを通じ、対象者にアンケートを実施した回答によるものです。

株式会社PRTIMESでは、全国の20~59歳の男女各400名を対象に、『現代女性の理想の胸に関する意識調査』を実施しました。同調査は、ヤフー・バリュー・インサイト株式会社の協力を得て、現代女性の胸に関する意識の実情を探るべく、インターネットを通じ、対象者にアンケートを実施した回答によるものです。

■“理想の胸”は、女性と男性では差異あり。

「理想の胸」に女性は男性より乳首にこだわりあり
当調査で、男女それぞれに“理想の胸の最も重要な要素”をたずねたところ、女性は、わずかな回答数の差で1位「形」、2位「乳首」、3位「張り」と回答し、人によって“理想”へのこだわりが異なる結果に。一方、男性は、1位が圧倒的多数で「形」と回答。2位、3位はわずかな回答数で「大きさ」、「乳首」という結果になりました。この結果から、男女ともに胸の“形”にはこだわるものの、女性は、男性よりも“乳首”などのディティールにこだわり、独自の“理想” があることが分かりました。


■「理想の乳首はピンク色」説はやはり健在?

「理想の乳首の色は薄めのピンク」 女性7割、男性8割
男女ともに“理想の胸の重要な要素”の上位にランクインした乳首について、「理想の乳首の色は何色か?」尋ねたところ、男性・女性ともに7割以上が、「薄めのピンク色(桜色)」と回答。男性にも女性にも、同じピンク色でも桜のようにキレイな色が、圧倒的に人気があることが分かり、昔から言われる「理想の乳首はピンク色」説は健在であることが分かりました。

“桜ピンク”を夢見る女性の乳首の「理想」と「現実」は乖離
女性に「理想の乳首と自分の乳首に差がありますか?」と尋ねたところ、「理想と差がある」と回答した女性は、なんと96.9%にも上り、一方、「理想との差がない=自分の乳首は理想である」と自信を持って回答した人は、わずか4.1%に留まり、女性の乳首の「理想」と「現実」は乖離している悲しい現実が明らかとなりました。具体的に“差”を感じている部分として、1位「色」77.1%、2位「形」43.6%、3位「大きさ」37.9%との回答結果となり、「乳首の色」が2位を大きく引き離して首位に立ちました。この結果から、“桜色のピンク”を夢ながらも現実は様々な生活要因から色素沈着が進んでしまった“茶色”の乳首が現実なのではと想定されます。

-*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*

■女性は皆、“乳首の色”を他人と比較し気にしている!

女性の3人に1人が “乳首の色”にコンプレックスあり
また、女性への「自分の乳首に何かコンプレックスがありますか?」の設問に対し、半数以上の52.6%の人が「ある」と回答。そのコンプレックスの具体的な内容として、3人に1人(32.9%)の人が「乳首の色」と回答し、大きさ、形、陥没などの回答項目のなかで、第一位の結果となりました。

「他の人の乳首を見てうらやましいと思ったことがある」女性は4割!
実際、女性はどれほど乳首の色を気にしているのでしょうか。「自分の乳首の色を気にしたことがありますか?」という問いに対して、約半数の女性が「ある」と回答。またそのきっかけを訪ねたところ、1位「映画や写真集などを見て」、2位が「温泉・入浴施設で他人の乳首を見て」という回答結果に。約3人に1人が温泉や入浴施設などの公共の“裸の場”で他の女性と自分の乳首を密かに比較しているという意外な事実が判明しました。
さらに「他の人の乳首を見てうらやましいと思ったことがありますか?」という問いに対し、「ある」と回答した女性は4割を占めました。その「他の人の乳首をうらやましいと思った要因」について、「乳首の色」と回答した女性は実に75.2%にも及びました。

でも、誰にも言えない“乳首色コンプレックス”
しかし、「乳首にコンプレックスがある」と回答した人に対し、「誰かにそのコンプレックスについて相談したことがありますか?」と尋ねたところ、9割近くの人が「ない」と回答。乳首のコンプレックスはあり、密かに公共の“裸”の場で他人と比較しているものの、なかなか他の人に相談出来ず一人で悩んでいるという女性の実情が明らかとなりました。

-*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*

■女性が気にするのは男性のイメージの問題?

男性もやはり女性の乳首に関心あり
一方、男性に対して「乳首の色について女性は気にするべきだと思いますか?」という問いに対して、「思う」と回答した男性は約半数に上り、女性の乳首の色は、男女共に“胸の重要な要素”であると認識されていると分かりました。

男女の“乳首の色”に関する意識の違い
乳首の黒ずみの原因は、生まれつきの個人差や妊娠・出産、加齢によるホルモンバランスの影響などと言われています。従って、乳首が黒ずんでいる、ピンク色ではないからといって「遊んでいる」という科学的検証は現在のところありません。それを理解してなのか、女性の7割は「乳首の色」が遊んでいるイメージとは結びつかないと回答しました。しかし、一方で男性の約半数が依然として「乳首の色が濃い女性は遊んでそうだ」と考えていることが分かり、男女間では、乳首の色がもたらすイメージに大きな差があるようです。

-*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*

■今、「乳首ケア」が求められている!

悩みはありつつも“打つ手”なし8割
「乳首のコンプレックスを解消するために何か試したこと(ケア)はありますか?」の問いに対し、「ない」と回答した女性が83.9%に昇り、乳首に対するコンプレックスを抱きつつも、それを解消する為の一歩が踏み出せない人が8割以上もいることが分かりました。その原因は「対処法を知らない」、「効果があるのか疑問」、「安全性が心配」などが上位にあがりました。「乳首の色の対処法(ケア)を知らない」女性は約90%も占め、「自分の求めるニップル(乳首)ケア商品」が見つかったという人はわずか2%にとどまりました。理想の乳首と自分の乳首との間に差があるにも関わらず、その対処法(ケア)を知らないという現実が顕著になりました。

■究極の“乳首”美白ケアが新しい旋風を巻き起こす予感
以上の結果から、男女における “理想の胸”の意識の中で「乳首の色」が重要な要素になっていること、そのことで多くの女性がコンプレックスを抱きながら対処法(ケア)を見つけられず悩んでいるということが明らかになりました。当調査結果より、化粧品業界をはじめ、競争が激化する“美白ケア”市場において、この「乳首」が新たな美白ケアの焦点となりうる可能性が高いのではないかと分析しています。

-*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*

※本調査は、2007年9月に全国の20歳~59歳の男女計400名にインターネット上で実施。


「現代女性の理想の胸に関する意識調査」事務局 担当:橋本/西岡/吉柳
Tel:03-5572-6071 Fax:03-5572-6075

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://healthysexlife.blog118.fc2.com/tb.php/24-c3b9c05a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。