プロフィール

ジャック

Author:ジャック
結婚10年目にして離婚。遠因はセックスレス...

そんな人生どん底状態で、再婚相手となった二コールに出会い、セックスの「質」が変化。

自分の経験をもとに、悩みやコンプレックスを抱える人に救いとなる情報を伝えていきたいと思います。

「セックスは、身体を使ったコミュニケーションである。」(ジャック)


カテゴリー


最近の記事


Follow me!


タグ


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
2967位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しがみつかない生き方―「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール (幻冬舎新書)」という本を読んだ。10のルールは、以下のような目次にあるとおり。

序章 ほしいのは「ふつうの幸せ」
第1章 恋愛にすべてを捧げない
第2章 自慢・自己PRをしない
第3章 すぐに白黒つけない
第 4章 老・病・死で落ち込まない
第5章 すぐに水に流さない
第6章 仕事に夢をもとめない
第7章 子どもにしがみつかない
第 8章 お金にしがみつかない
第9章 生まれた意味を問わない
第10章 “勝間和代”を目指さない


「「私は特別な人間であるはず」という自己愛的な思いが、目の前の"ふつうの幸せ"を見えなくしてしまっている。」という部分をみて、愕然となった。さらに愕然となったのは、「子どももいなくて、生き物としての務めも果たしていない私は、もしかしてスズメや野良ネコ以下かも、と思うんです…」という部分。輝いている女性、とくに30代半ばからの女性などは、みんなそんなことを思っているのだろうか。

そうだとしたら、ちょっと悲しい。

運やタイミング、賭けの要素も大きい恋愛のような経験があまりなく、「努力をすればした分だけの成果、評価が得られる」という勉強や仕事の世界にどっぷり浸かっていた人ほど、「どうして?こんなにがんばってもなぜ彼は振り向いてくれないの?」と衝撃を受け、そのことで頭がいっぱいになりやすい。さらに、「努力して得られる成果なんて、実はつまらないものだ。努力が結果に結びつくとは限らない恋愛こそ、本当にその人の価値が試される」などという思いにとらわれ、自分の価値を過小評価してしまうことになりかねない。


この部分も、なるほど~と納得してしまった部分。努力したらなんでもできるというのは幻想であり、努力してもダメなものはダメだと割り切れるのがオトナなのかもしれない。

実際、「がんばれば夢はかなう」とか「向上心さえあればすべては変わる」といった前向きなメッセージは、万人に当てはまるものではないと著者は言う。「努力したくても、そもそもそうできない状況の人がいる。あるいは、努力をしても、すべての人が思ったとおりの結果にたどり着くわけではない。」確かにそうだろう。だから「勝間和代を目指さない」と言っているのかもしれない(^^;;

「一瞬に永遠を見る」という刹那的な感覚も、若者には毒なのだろう。あいまいなまま様子を見るという姿勢は、自分と違う考え方やいき方を排除せず受け入れるゆとりにつながると思うと、著者は書いているが、そのとおりかもしれない。

生まれたり生きたりするのに、何か意味とか価値なんて必要なんですか


これは究極の質問だろう。ただ、考えてみれば、確かに、意味を見出そうとしているだけで、別に意味なんてないかもしれない。価値を見出そうとしているだけで、別に価値なんてないのかもしれない。昔、NHKの朝ドラで、沖縄のおばあが「生きてるだけで丸儲け」といっていたが、まさにそうなのかもしれない。

実際、「このために生まれた」という確信が揺らがなかった人は、新興宗教や悪徳ビジネスなどで洗脳された人たちと、精神病で強烈な妄想を持った人たちというたった2種類だけらしい。

Jacquesは今、十分に幸せだ。そんな自分を再認識することができた。いろいろと悩んでおられる方には、一読を薦めたい。






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://healthysexlife.blog118.fc2.com/tb.php/117-89271b27


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。