プロフィール

ジャック

Author:ジャック
結婚10年目にして離婚。遠因はセックスレス...

そんな人生どん底状態で、再婚相手となった二コールに出会い、セックスの「質」が変化。

自分の経験をもとに、悩みやコンプレックスを抱える人に救いとなる情報を伝えていきたいと思います。

「セックスは、身体を使ったコミュニケーションである。」(ジャック)


カテゴリー


最近の記事


Follow me!


タグ


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
1745位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夫婦は価値観が同じだけではダメ?」という記事によると、

交際に発展し二人で一緒に行動することが多くなると、興味や考え方、物事に対する態度が近いことが、とても重要な要素となってくるようです。

こうした現象は、心理学で『類似性の要因』と呼ばれており、関心や興味・態度が似ていると、喧嘩なども起こりにくく、一緒に楽しい行動をとることができやすいと言われています。

心理学者マースタインは、カップルが出会ってから結婚に至る関係を築くまでには、以下の3段階があると唱えました。

1. 『刺激』の段階 ⇒ 2. 『価値』の段階(類似性を重視) ⇒ 3. 『役割』の段階(相補性を重視) 

最初は相手の持っている「魅力」(外見、声、行動、評判など)に惹かれあう。そして先述のように、二人きりで行動し始めると、価値観、趣味、態度などの「共通点」が重要になってくる。そして、あまり知られていないのが最後の段階。最終的に大事になってくるのは……。

そう、お互いの足らない部分を、補い合う関係になること、なのです。交際の最終段階では、単に価値観が類似しているだけではなく、互いの役割を分担して行動できることが必要になってくるのですね。

実際に結婚している夫婦の面接調査でも、夫婦円満だったのは、「支配的な夫と服従的な妻」や、「援助好きな夫と、援助を求めたがる妻」といった、対照的な面を持ったカップルだったそうです。

価値観や考え方に近いものを感じて交際を始めたけれど、なぜかうまくいかない。長い間交際しているのに結婚にまで至らない。そんな場合、この『補い合う関係』がうまくできていないのかもしれません。片方がリ-ドをするときは片方がそれに従い、片方が甘えればもう片方は甘えさせてあげる……といった凹凸の関係性が築けると、「二人で一人」なんて理想の夫婦になれるのかも!?

「似ている」部分があるから一緒に楽しく過ごせる。そんなパートナーを見つけたら、徐々に「補い合える」関係になっていく。そんな風にして、50年続く夫婦を目指したいものですね。

とのこと。そっか、「補い合える関係」というのが鍵なんだ~♪

Nicoleとの関係を末永く良好に保つために、「補い合える関係」を探していこうっと~♪








コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://healthysexlife.blog118.fc2.com/tb.php/116-2b7867a3


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。