プロフィール

ジャック

Author:ジャック
結婚10年目にして離婚。遠因はセックスレス...

そんな人生どん底状態で、再婚相手となった二コールに出会い、セックスの「質」が変化。

自分の経験をもとに、悩みやコンプレックスを抱える人に救いとなる情報を伝えていきたいと思います。

「セックスは、身体を使ったコミュニケーションである。」(ジャック)


カテゴリー


最近の記事


Follow me!


タグ


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
3153位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも一覧


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「女の嘘」は母方の遺伝子が原因!妻の不倫防止には…―米誌」という記事によると、

2009年11月2日、米誌HEALTHは、女性の「騙す行為」は40%以上が母方から受け継いだ遺伝子と大きく関係していると報じた。この遺伝子の働きを弱めるには、セックスを楽しむことが最高の特効薬だという。中国紙・生命時報が伝えた。

専門家によれば、女性の騙す行為は44%が母方から受け継いだ遺伝子の影響によるものだが、セックスをすると高濃度の「忠誠ホルモン」が分泌されるため、この遺伝子の働きを弱める効果がある。女性の不倫もこの遺伝子と大きく関係しているそうで、同誌は世の男性陣に「妻の不倫予防法」を伝授している。

同誌によれば、女性の不倫は月経とも大きく関わっている。月経が始まってから10日目~18日目は女性の性ホルモンが最高潮に達する時期で、最も不倫に陥りやすい時期にあたる。また、夫の愛情を感じていない女性は不倫に対する罪の意識が薄く、夫以外の男性と仕事以外で毎週2時間以上一緒に過ごす女性は、不倫する確率が3倍も増えるという。

不倫相手として最も可能性が高いのは「過去の恋人」。女性は相手に恋愛感情を抱かなければ不倫関係に発展しないからというのが、その理由だ。

とのこと。

思い起こせば、前妻の母は、なにかと見え透いた言い訳をすることが多く、都合が悪くなると、「知らん」としらばっくれることが多かった。自分の夫以外の男性といちゃつく姿を目にすることもあった。前妻でさえ、「母は不倫している。父はなぜいつまでも母と一緒にいるのか?」と言っていたくらいだ。

そんな前妻は、他の男性と不倫... 家庭崩壊。離婚。ありきたりのパターン。前妻の両親からはなんの連絡もない。ま、それは当然かもしれないが。

ちなみに、この記事で紹介されている不倫予防法は、セックスすることで、忠誠ホルモンが分泌され、不倫に走らなくなるということだが、セックスレスになったから、前妻は他の男性と不倫する道に走ったのだろうか...

となれば、この記事に書いてあることは、とっても理解できる。

ま、だけど、今となってはもうどうでもいいこと。

今は、最愛のNicoleがそばにいてくれる。それだけで幸せ。それに、ちゃんと朝な夕なにセックスもしてるし(^^

参考:
浮気で産みたい女たち―新展開!浮気人類進化論 (文春文庫)
男のための最強離婚術―5800人の相談者が驚愕した慰謝料・養育費・親権・財産分与・不倫・浮気 あなたの離婚問題はこの1冊ですべて解決!



←他のブログもチェック!
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。